クラリネットの練習

クラリネット初心者にオススメの練習曲8選

クラリネットの音が一通り出せるようになったら、次は曲を演奏してみたいですよね。

簡単な曲を通して基本の部分の練習にもなりますし、何より楽しんでクラリネットの演奏が出来ると思います。

今回の記事では、クラリネットのオススメの練習曲を紹介します。

因みにクラリネットの練習方法についてはこちらの記事をご参照お願いします。

クラリネット初心者にオススメの練習曲8選

1.メリーさんの羊

誰もが知っている有名な童謡だと思います。出てくる音は少なく、運指も簡単なので初心者の方でも楽しんで吹けると思います^^同じ音が3連続で出てきますので、タンギングの練習にもなります。

2.見上げてごらん夜の星を

坂本九さん作の有名な一曲です。指使いやタンギングなど、基本的な練習に加えて表現法も身につけられます。繰り返しが多いので、1回目よりも2回目をより表現しながら吹くなど、工夫してみましょう。

3.ホール・ニュー・ワールド

ディズニーが好きな方は、ぜひこの曲に挑戦してみましょう!曲の後半では、転調も出てきますので、音の違いも楽しみながら演奏できる曲です。

4.聖者の行進

楽しく愉快な曲で、耳にしたことがある方が多いと思います。楽しい気持ちで演奏してみましょう。伸ばし音が多いので、音を安定して最後まで出す練習になると思います。

5.ハッピーバースデートゥーユー

誕生日を祝う時にお馴染みの曲です。家族や友達など、大切な人のお誕生日にはこの曲を吹いてお祝いしてあげましょう♪

6.ムーンライト・セレナーデ

ジャズで有名な曲ですが、難易度はそこまで高くなく、初心者の方でも無理なく演奏できる曲です。楽譜には3連符が出てくるので、リズムの練習にもなると思います。この曲を演奏しながらジャズの世界に入ってみましょう。

7.きらきら星変奏曲よりテーマ

こちらはモーツァルト作曲のクラシック曲です。出てくる音符はドからラまでの6音で、リズムも4分音符が続く簡単な楽譜になっていますので、初心者の方でも挑戦しやすいクラシックだと思います。

8.ジングルベル

クリスマスでお馴染みの曲です。出てくる音も少なく複雑なリズムもありませんので、無理なく演奏できると思います。とても楽しい曲なので、明るい音で吹いてみましょう。クリスマスパーティで披露したら盛り上がること間違いないですよ。

まとめ

今回はクラリネット初心者の方にオススメの練習曲をご紹介しました。

曲を通して練習することで、楽しみながら基本の部分の上達にもつながります。

演奏できるようになったら、家族や友人など周りの人にぜひ披露してみてくださいね。