クラリネットの練習

クラリネットのキーキー音の原因と対策|キレイな音をイメージして吹く

クラリネットの高音を綺麗に鳴らすのって難しいですよね。

「高音がキーキーする」「柔らかい音が出せない…」そう悩んでいる方も多いと思います。

でもこれはクラリネット奏者ならば誰でも通る道。筆者も初心者の頃はこのキーキー音に悩まされていました…。

高音がキーキーしてしまう原因は下記の4つとなります。

  1. リードが合っていない
  2. マウスピースが合っていない
  3. 口元に力が入りすぎている
  4. 練習量が足りない

原因を知り改善することで、キーキー音は必ずよくなります!

今回は、クラリネット奏者の筆者が今まで練習してきてわかったキーキー音の原因、対策についてご紹介します。

因みにクラリネット初心者にオススメの練習曲はこちらになります。

キーキー音の原因

リードが合っていない

音がキーキーなると悩んでいる方の中には、リードが薄すぎて自分にあっていないことがあります。

厚みが少ないリードは音が鳴らしやすく初心者にとって使いやすいものですが、どうしても音が軽くなりがち。

少しリードが薄いかな?と感じたら、1つ上の厚さのリードを試してみましょう。

尚、初心者には2~3の厚みのリードがオススメです!

マウスピースが合っていない

マウスピース選びも、いい音を出すうえでは非常に重要です。もしかしたら、マウスピースが合っていないかもしれません。

特に、楽器を購入した時の付属品や学校においてある古いマウスピースを使用しているという方は、マウスピースを変えるだけで音がかなり改善される場合があります。

マウスピースとリガチャーはそんなに高い物ではないので、自分に合ったものを選んで使うようにしましょう。

マウスピース選びに関してはこちらの記事も参考にして下さい。

口元に力が入りすぎている

高音になるにつれて口元にかなり力が入ってしまう人がよくいますが、これもキーキー音の原因の1つ。

高音は息を入れるスピードを上げないといけないのでついつい力が入りがちですが、マウスピースを噛みすぎてしまうと音が綺麗になりません。

息のスピードはあげつつ、口元は常に正しいアンブシュアで吹けるようにしましょう。

初心者の練習方法はこちらの記事も参考にしましょう

練習量が足りない

マウスピースやリードにこだわっているけど、なかなかキーキー音が直らない!という方は、まだまだ練習不足なのかもしれません。

クラリネットの音色は、毎日のロングトーンなどの基礎練習によってよくなっていきます。すぐによくならなくても、毎日継続していくことで力になります。

キーキー音は必ず直せますので、毎日いい音をイメージしながら地道にロングトーン練習を頑張りましょう。

キーキー音を直す為に意識する事

キーキー音を直す為に意識することは、「クラリネットの綺麗な音をイメージしながら吹くこと」これが大切です。

特に高音域は、何も考えずにただ息を入れているだけだと音がきつくなり、キーキー音の原因になってしまいます。

プロの奏者の演奏をYouTubeで聞いたり、「自分の中で目標になる音」を見つけましょう。

学校の先輩など、身近な人でも大丈夫です。筆者はクラリネット初心者の頃、とてもクラリネットの音が綺麗な先輩の音をイメージしていました。

不思議なもので、イメージしているだけで音が近づいていくのです。

しばらくするうちに、その先輩と音が似ていると言われるようになったので、これは本当にオススメの練習方法です。

まとめ

キーキー音を直すために大切なことは、下記4つになります。

  1. 自分に合ったリードを見つける
  2. 自分に合ったマウスピースを見つける
  3. 口元に力を入れすぎない
  4. 綺麗な音をイメージしながらロングトーン練習をする

毎日継続することで必ずキーキー音は必ず解消されますので、これらのことを意識して練習してみてくださいね。